本文へスキップ

東京都 新宿区 新宿 西新宿で 開業三十数年 女性鍼灸師が鍼治療とマッサージを行っています。

電話でのご予約 お問い合わせはTEL.03-3342-6885

   

鍼の神秘 神々しく輝く 受けてみよ!元気百倍!

鍼は即効性が有り、身体の中から根本的に改善します。

鍼はいろいろな症状が取れますが
特に運動器系疾患が多く効果を上げています。
 

整形外科で症状が改善されなくて、鍼治療に頼って
お越しになる患者さんが多いです。

鍼は痛みに対しては抜群の効果があります。
薬を使わず、副作用が無く、自然治癒力で改善する事が出来ます。


腰痛 ギックリ腰 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎分離症 坐骨神経痛 
膝痛 足痛 捻挫 肘痛 肉離れ 尾骨痛
頸椎症 首痛 首こり 肩こり むち打ち症 手の痛み、しびれ 
背中痛 肩甲骨周辺痛 五十肩 四十肩 腱鞘炎 スポーツ障害 など

運動器系疾患以外では、

花粉症 アレルギー 喘息 胃腸病 便秘 下痢 頭痛 不眠症 めまい
婦人病 更年期障害 膀胱炎 自律神経失調症 ストレス 眼精疲労

顔面神経麻痺 顔面神経痙攣 脳卒中の後遺症 慢性内臓疾患 
ダイエット 疲労回復 退院後の体力回復
薄毛、抜け毛治療 うつ病 精神障害 パニック障害 などなどです。

料金は鍼治療のページをご覧下さい。
          

腰痛
腰痛の為の 良くなる為の 幸福の為の 鍼治療

腰痛は最も多く人類が悩まされるところであります。
なぜ腰痛が多いのか?その解消法はないのか!あるのか?
なぜ腰痛になるのか?腰痛にならない様にするにはどうしたら良いのか?
腰痛になってしまったらどうしたら良いのか?
この事のついて考えてみたいと思います。
先ず腰痛になる原因について考えてみることに致しましょう


腰痛の原因

1、大きく見ると構造的なものが考えられます。

  人間が四足から二本足で立って歩くようになってから首、腰、
  膝が弱くなったと言われています。

  首が弱いと肩がこりますし、腰が弱いと腰痛になりますし、膝も痛みます
  ですから肩こり、腰痛、膝痛になり易いという事が言えましょう。

2、 姿勢 同じ時間で長い時間いると、緊張が強くなり筋肉が
   硬くなったり、弱くなったりして、
   前彎、後彎のバランスバランスが崩れて、腰痛になりやすいです。
   立ちっぱなし、座りっぱなし、中腰、などは良くありません。

3、 運動不足 使い過ぎても、使わなさ過ぎても、悪くなります。
4、 冷え 冷えから来る腰痛もあります。
5、 寒、湿、風を受けても腰痛になります。
6、 過労
7、 肥満
8、 バランスの悪い不自然な靴、履物

9、 自分の身長に対して、机と椅子の高さのアンバランス
10、事故による外傷、打撲、骨折、など

11、スポーツや、運動によって痛めた障害、(例えば、スキーで転んで
   崖から落ちて尾骨を打ったのは、ほおって置くと長年の後遺症が
   残りますから、早めに治療をするといいと思います) 

東洋医学からみた腰痛の原因

ここで東洋医学的な見方で腰痛を考えてみたいと思います。
五臓六腑のバランスが崩れると、腰痛だけでなく色々な症状が現れますが、
ここでは腰痛だけを取り上げてみたいと思います。

腰痛は、腎虚によるものだと言われています。
腎虚には、腎陽虚と、腎陰虚とがあります。

腰痛がありながら、冷えるタイプと、気持ちの悪い熱さを感じる腰痛とがあります。
これは陽虚と、陰虚の違いであります。

五臓六腑は大事な臓器でありますが、その中で最も大事なのは腎であります。
腎は生命力のもとで、子孫を残したり、長生きするのも腎の力であります。

また腎と骨は密接な関係がありまして、腎が虚すると骨が弱くなり、逆に
骨を痛めると腎が虚するとされ、腎と骨は腰痛に大きく関係してきます。

人はみな、だんだん腎が虚して、骨が弱くなり、足腰が弱くなり、
衰えていくものです


腰痛にならないようにするにはどうしたら良いか

食事、睡眠、適度な運動が大事です。
上記に書いた腰痛の原因にならないように気を付けて
冷え、寒、湿、過労をさけて、バランスの取れた規則正しい生活が大切です。


腰痛になってしまったらどうしたら良いか?

早めに鍼治療をして、静養、安静、睡眠を充分にとり、食事をよくとって
体力をつける事が大切です。


まとめ

腰痛にはいろいろな治療法がありますが、私は鍼が一番効くと思います。

鍼は即効性があり、痛みに対しては抜群に効きます。
陰陽のバランスがとれますので冷えのある方は温まりますし、気持ちの悪い
熱さがある方は涼しくなります。
効くーっ!という手ごたえを感じます。

腰痛で悩んでおられる方、銀鍼治療を是非お試しください。
--------------------------------------------------------------------------
頸椎症 首痛 首こり
 首から来る多くの症状を解消します。

頸椎症 首痛はいろいろな症状が出て多くの方がつらい思いをされています。
それは、構造上、頭が重くて首で支える負担が大変大きいからです。

頚椎は、腰椎とは構造が違ってゆっくりと症状が現れます。
自然に老化して、椎骨は変形し、軟骨は減って、関節の動きが悪くなって、
彎曲のバランスが崩れて、いつの間にかつらい症状が現れます。

頚椎には、神経、血管、筋肉、骨、が複雑に入り組んでいる為、
何らかの障害が有ると、敏感につらく感じます。

頸椎症 首 からくる症状

不眠、頭痛、目に関する症状、異常な肩こり、手の痛み、しびれ、
むち打ち症、目まい、うつ病、動悸、

首はあらゆる所に神経がつながっている為に首が悪いと
いろいろな症状が現れます。

首が悪くなる原因

1、 自然に老化する
2、 姿勢
3、 疲労
4、 冷え


さらに急激に悪くなるのは

5、 交通事故による、むち打ち症
6、 何らかの外傷による首の強打
7、 首を激しく振る
8、 治療と称して、首をバリバリ、ボリボリ乱暴に強烈に、
   激しく、振りまわす


頸椎症 首の鍼治療

東洋医学では、気血の流れを良くして、気のとどこうりを取り
症状を改善します。

頚椎は、神経、血管、筋肉、骨、が複雑に出来ている為
優しく、ゆっくりと鍼を刺激します。

首のむち打ちは、西洋医学では治りにくいとされていますが、
鍼は、20年、30年以上のむちうちでも良くなります。

私は銀鍼を使いますが、銀鍼は特に慢性病に良く効きます。
銀鍼による鍼治療を是非お試し頂き、
長くお悩みの頭痛や不眠症など様々な症状を解消して快適な生活が送れます様に願っています。
-------------------------------------------------------------------
腱鞘炎

腱鞘炎には、乾性軋轢性と、狭窄性腱鞘炎があります。

1、 乾性軋轢性、手指の使い過ぎや、急激な牽引によって発する
  もので、腱鞘内に繊維素ができ、運動する時痛みが出ます。

2、狭窄性腱鞘炎は、主として、母子伸筋の腱鞘にきたり、仕事や
  家事で、使い過ぎにより、母指や、両側が侵され、指の運動が    侵害され、疼痛がある。
  狭窄部の腱鞘は、肥厚し、その為に健の通過する部の疼痛と     運動障害が起ります。

 治療は、鍼が良く効きます。
 痛みの有る部分と、関係する経絡を刺激する事により、
 驚くほど早く良くなり、
 私の鍼治療では、一回から数回で治ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
頭卒中の後遺症
 麻痺した足が上がるんです。

頭卒中の直後は病院で治療をして、良くなったら退院します。
しかし、半身の麻痺は残り、半身は硬直して、足は引きずって歩きます。
病院ではこれ以上の改善は望めませんが、鍼治療によって、
この足が上がるんです。
患者さんの喜びようは大変なものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
花粉症 アレルギー

花粉症よ!鼻づまりよ!クシャミよ!痒みよ!さようなら

薬を使わず、副作用が無く、自然治癒力で改善する事が出来ます。

鍼は、アレルギー性疾患に対してよく用いられ、効果をあげています。
鍼の刺激が生体に変調を生じさせ、アレルギー反応を起こしにくくして、生体に生じている機能のひずみを調整し、治し、元気な体にするのです。

鍼は副作用がなく、1回の治療でも、はっきりとした効果が現れます。


アレルギーとは

生体に異物が入ると、花粉症は,季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、鼻粘膜のかゆみと異常感が生じ、クシャミ、鼻汁、充血といった症状があらわれ、鼻呼吸を不可能にします。
鼻のみならず、眼、咽頭の粘膜にも反応が現れ、大変つらい症状であります。
また、季節に関係なく屋内塵によるアレルギー性鼻炎も多いのであります。

 生体に異物が入ると、生体はその異物に反応を起こして、抗体を産生します。
このような状態の時、再び異物が入ると、抗体と異物は特異的に反応を起こします。

こういった異物を抗原性をもつ物質といい
抗体と産生した生体の状態を「感作された状態」といいます。

 抗体と異物との反応を抗原抗体反応といい、抗原が有害なものであれば抗原抗体反応によって、その有害性は中和されたり減弱されたりして、免疫ができるのですが、

抗原性のある異物で感作された生体が、再び、
その異物に接して、抗原抗体反応を起こす際にさまざまな病的症状を起こします。

 これをアレルギー、アレルギー性疾患と呼びます。
生体内へ侵入した際に、抗体を産生する物質は抗原でありますが
アレルギーの場合には特にアレルゲンとよばれます。

アレルギー性鼻炎

鼻粘膜の充血・浮腫・粘液分泌亢進・掻痒感を伴うアレルギー反応で、アレルゲンの
種類によって、枯草熱と、非季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。

   1、枯草熱

花粉がアレルゲンとなるアレルギー性鼻炎で、花粉症・季節性アレルギー性鼻炎ともよばれます。
花粉の飛散期(春・夏・秋)に一致して症状が現れます。

原因

アレルゲンとなる杉木の花粉や、雑草の花粉がシーズンにわたり、鼻粘膜から侵入すると、アレルギー体質の遺伝の濃厚なものは鼻粘膜中に抗体を蓄積します。

このような抗体の生成された鼻粘膜に抗原が付着すると、抗原抗体反応を起こし、一定の症状を表してきます。

症候

発作はやや急激に起こり、鼻粘膜のかゆみと、異常感が起り、クシャミを連発して、
濃度の濃い鼻汁を出します。鼻粘膜は、充血と浮腫をていし、ときおり鼻道を閉じ、鼻呼吸を不可能にします。

鼻のみならず、眼や、咽頭の粘膜にも反応が現れます。

   2、非季節性アレルギー性鼻炎

特に屋内塵によるアレルギー性鼻炎が多いです。
枯草熱と同じ症状と鼻粘膜所見をていするが、

屋内塵など花粉以外の吸入アレルゲン、
食品、鼻腔 副鼻の細菌などを原因とするアレルギー性鼻炎で、

成人では吸入アレルゲン、
特に屋内塵によることが多いです。

したがって、枯草熱と、異なり、季節性はなく、年中いつでも発病することがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不眠症
不眠症は、入眠困難、浅眠、睡眠中断、早期覚醒、などに分けられます。これらは、いろいろな原因がありますが

入眠困難は、コーヒー、カフェイン等の摂取、騒音、寝具、
など環境条件の変化、不眠に対する不安や恐怖、睡眠障害に必要以上に心配する焦りなどがあります。

浅眠は、夜中に時々睡眠が中断されて、その後再入眠することが困難となるものであります。身体的疾患による苦痛がある時、胸内苦悶や、呼吸困難がある時、などに起こります。

早期覚醒は、短時間の眠りの後に、不快感で目が覚めて、その後は眠れない、不安や、脳動脈硬化症の老人に多いです。

治療は、不眠のツボがあります。
特に、首、頚椎に問題がありまして、気血の流れを良くしていくと、頭がリラックスして、気分が良くなって、
鍼治療した日は爆睡します。
これは鍼治療した多くの患者さんの共通した声です。
不眠症には、鍼治療は抜群に即効性があります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
肩こり

肩こりの原因は、

頚肩腕症候群などのほか、上肢を含む肩の筋肉の疲労、
さらに精神的緊張を伴う指先の仕事によって起こります。

そのほか動脈硬化症、高血圧症、頸肩背部の循環障害、また、心、肝、胃腸などの消化器疾患、
歯牙疾患などにより反射的に頸 肩のこりを起こします。
また、ストレスや、疲労、天気の極端な変動、などがあります。

頸椎症 首 から来る肩こり

頚椎 首から来る肩こりは、異常な肩こりになり、頑固でしつっこく、
つらい症状が出ます。
これは、頚椎、首から治さなければなりません。

頚椎 首は、複雑な構造になっていて、筋肉、血管、神経、骨、が、
入り組んでいて、バランスが悪いと、敏感につらく感じ、
いろいろな所に影響し、異常な肩こりに繋がります。
頸椎症 首痛 首こりの詳しくは、上記をご覧下さい。

治療の対象となる筋肉は、

僧帽筋、胸鎖乳突筋、大、小菱形筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半キョ筋、
上後キョ筋、前、中および後斜角筋などであります。

鍼治療、また、マッサージは、

圧痛点や緊張のある部に行います。

頸から肩、肩甲骨の周囲にある筋群に按撫、揉捏、圧迫、などの手技を行い、こりや不快感のある筋肉の緊張をほぐし、血液循環を促進し、疲労や、疼痛を除くようにします。

肩こりは、重さ、軽さ、がありますが、重ければ、少し根気よく続ければ、
鍼治療は、良く効きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
薄毛、抜け毛治療

髪の毛は血に関係します。
血の流れが良いと毛は生き生きと元気でいますが、
血の流れが悪いと、痩せたり、抜けたりします。

又、体調が悪いと血の流れが悪くなりますから、
毛も元気がなくなります。
血は、酸素と、栄養を運び、毛はその影響を大きく受けます。

髪の毛は、一日に0、数mmしか生えないので、直ぐに効果を感じられませんが、少し長い目で見て頂ければ満足頂けると思います。


薄毛、抜け毛の治療は

頭部に鍼とマッサージで致します。とても気持ちがいいです。
血の流れが良くなって髪の毛は潤って元気になります。

頭部は沢山のツボがあって、髪の毛だけでなく、全身に経絡がつながっている為に、気血の流れが良くなって、健康に繋がります。

薄毛 抜け毛治療の料金は鍼治療のページをご覧下さい。
----------------------------------------------------------------------------

ダイエット

気、血、水、の流れを良くして健康的にやせる

肥満の原因

運動不足、ストレス、脾虚、(胃腸障害、便秘、下痢)
ホルモンの異常、食べ過ぎ

鍼治療後は血液の流れが良くなって、老廃物が流されて、代謝がよくなって、
気、血、水、の流れがよくなって、運動をしたように筋肉が締まって、細くなります。

ストレスがあると、イライラしたり、怒りっぽくなって、どか食いをして、太る原因になります。
ストレスに関係する臓器を調整します。

ホルモンに問題がある場合は、治療しながら良くします。

代謝が悪い場合はその原因をさがして治療しながら良くします。

鍼治療による肥満の解消

肥満の原因を正しく見極めて、その人にとって、最も良い鍼治療をすればダイエットの効果があります。
又、病気があって、気血の流れが悪いと肥満になりますので、病気を治しながら、ダイエットをします。

鍼治療は、即効性がありますので、患者さんによっては、1回の治療で
見違えるぐらい細くなる方もいます。 鍼治療を始める前と、終わった後とでは
目に見えて、その違いがわかります。 それは、代謝が良くなって、筋肉が締まったからです。

鍼治療で健康的なダイエットをすると、顔の表情がとても美しくなって、目が輝いて、潤いのある良い顔になります。 また、姿勢も良くなります。

ダイエットは、健康になって中からにじみ出るように美しくなります。
健康的に痩せるのが最も良いダイエットだと思います。
--------------------------------------------------------------------------

尾骨痛

尾骨痛は、尾骨を強打した事による疼痛です。
スキーで崖から落ちて尾骨を強打したり、何らかの事故で尾骨を強打した事により起こります。
日常生活でも尻もちをついて尾骨ぶつけたり、良くある事です。

尾骨を打つと、脊髄、脳に続いているので、
痛さと、何とも言えない気持ちの悪い症状が現れます。
重い、軽いによりますが、長いのでは20年、30年とつらい症状が続きます。


鍼はこの症状を取ることが出来ます。
鍼の独特の底力は、難しい慢性の長年の症状を取る事が出来ますし
改善する事が出来ます。
--------
-----------------------------------------------------------------
五十肩

一般に五十肩と呼ばれている疾患の示す病像は必ずしも一定しないが、
40歳代以降に併発し、肩関節の疼痛と可動域の制限をきたすものをいい、
疼痛性肩関節降着症、降着疼痛肩、あるいは凍結肩といわれているものが、
これに該当する。

また、肩関節周囲炎もほぼ五十肩と同一疾患を指すものとみてよい。五十肩の病名が一般に通用している。

原因
肩甲部の直接、間接の外傷、または過労寒冷等よって起こるが、特に認められない原因で発病するものが非常に多い。

関節の老人性退行変化とみなされる一次性変形性関節症と同じに考えられる点もあるが、変形性関節症の病変のみによる障害とは考えられない。

症候
大結節部に付着する腱、(特に棘上筋腱)、その他、肩関節周囲の粘膜嚢などの慢性あるいは退行性変化で、肩甲部の疼痛と、肩関節の挙上運動の
制限をきたす。

肩から上腕にかけて疼痛が放散し、さらに指まで達するものが関節運動に制限起こらないものでも、上腕外転時に激しい倦怠や疼痛を感ずることがある。

当院の鍼治療
鍼は、マッサージと併用して効果があります。
特に疼痛に伴うものや、可動域が広がらない、動かない、のに対しては効果があります。

肩関節部を触診して見ると、硬く骨にくっついていて、動きにくくなっているのが感じられます。

鍼もマッサージも柔らかい刺激で丁寧にすると良く効きます。
当院の鍼治療では、一回から、数回の治療でだいたい良くなります。
-----------------------------------------------------------------------------
不妊症
生命が誕生し、子孫を残すことは、誰でも望むところであります。
しかし、どんなに願ってもかなわず、お悩みの方が多くおられます。

不妊症は、西洋医学の病院で行っていますが、
ここでは、東洋医学の不妊症の鍼治療について取り上げてみたいと思います。

東洋医学では、生命力にかかわる五臓六腑の中の、大事な臓器が有ります。
それは、生殖にも、出産にも、長生きにも関係します。

この大切な大事な臓器を補い、強めて、
そして、婦人科の大切なツボを刺激して、活性化します。

鍼をすると、体温が調度良い高さに上がります。
これは、妊娠し易い温度です。
全体に血行が良くなり、元気になります。

鍼の不妊症の治療は、薬を使わず、副作用が無く、自然に妊娠して、
良い子が産まれます。

今までの例では、2歳の子供さんを連れて来て、お陰様で産まれました。
と感謝されました。とても嬉しかったです。
--------------------------------------------------------------------


トップページ 鍼治療  料金 院長から一言 東洋医学
マッサージ 症状別疾病 診療時間  アクセス お客様の声 
症例 治療院一覧の案内  ブログ     


笠原金銀鍼治療

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-20-11 梅月マンション1005
TEL 03-3342-6885
















銀鍼治療 夢心地
終わった時は 別世界